株式会社NITO環境建築で現場監督をしている小関です。 担当する現場を中心に、エクセルギーハウスのことをいろいろお話しさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋根に敷いてある緑色のものはルーフィングという屋根用の防水シートです。
PICT8380.jpg


この方角から見ると、どう見ても立派な2階建てに見えますが、見えているのは2階の部分だけで、1階はいちばん下のルーフィングの下にあります。
きっと完成した時には、どう見ても3階建ての建物になるはずです。
PICT8385.jpg


3階のように見えた部分は中から見るとこんなふうになっています。
太い梁の上の部分が外から見ると3階に見えた部分です。
この部分は天井裏の風抜き窓のスペースなので、天井が貼られると中からは見えなくなってしまいます。
PICT8389.jpg


反対側の風抜き窓の開口部も見えます。
PICT8390.jpg


この南北にある風抜き窓を流れる風と打ち水天井によって夏の天井裏の温度を下げます。
外部の1回目の耐火ボードも貼り始めました。
PICT8386.jpg


明日から雨になりそうなので、貼ったボードが濡れないように外壁用の透湿防水シートを貼っていきます。
PICT8404.jpg


エクセルギーハウスの工事の初期段階は、外部がモルタルまで行くまではこんなふうなので、木造の建築では考えられないくらいに、とにかく人手がかかります。
PICT8405.jpg


この日も7人の大工さんたちが現場の施工にあたっています。
まったく、建て方と変わりません。
PICT8411.jpg


あっという間に雨養生の透湿防水シートが貼られて行きます。
これで、いつ雨になっても大丈夫です。
PICT8415.jpg

ブログランキングに参加しています

ご覧になられたら毎日クリックしてくださいね
    ↓
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://exhouse.blog69.fc2.com/tb.php/140-b0d6c0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック